塾生全員、成果を実感。計算トライアル

塾探しお悩み解決(草津)

計算トライアル

 

こんにちは。草津で小中高校生を対象に個別指導塾を運営している「考える塾・草津」の遠藤です。

勉強に取り組むにあたって大切なことはモチベーションです。

モチベーションを高く持てるかどうかによって、才能を生かせないこともあれば、逆に能力以上のパフォーマンスを出すこともできます。

皆さんはお子様のモチベーション対策としてどのようなことをされているでしょうか?

本日は、当塾でやる気アップの仕組みとして実施している計算トライアルについて皆さんにご紹介していただきたいと思います。

 

【1】「考える塾・草津」の計算トライアルって?

「考える塾・草津」では、授業始めの5分間を利用して、生徒に計算トライアルの実施を推奨しています。

内容・目的は以下のようになります。

【内容】

5分間という制限時間で単純な四則演算を中心に問題の解答。学年やニーズに合わせて、四則演算や脳トレ計算問題などの問題解答を行ってもらいます。

【目的】

計算トライアルの目的をまとめると以下のようになります。

  • 情報処理スピードの強化
  • 集中力の強化
  • 学習前の準備運動
  • 小さな成功の積み重ね

まずは、処理スピードの強化です。計算は主に数学や算数で必要になる能力ではありますが、計算能力が上がれば他の教科の情報を処理する能力も強化できるのでしょう。そして、計算問題は処理能力のトレーニングとしては、非常に取り組みやすいこともあります。

2つ目としては、集中力の強化です。実際に試してもらえばわかるのですが、5分間計算問題を時続けることは結構疲れます。初めて計算トライアルを終えた生徒はみんな終わった瞬間に「はー疲れた」と一言漏らします。しかし、その時間はたった5分間。5分間の計算でも集中して問題解答に取り組めば、疲れるのです。受験では50分間のテストまたはそれ以上の時間を集中して問題解答に取り組まなければいけません。日頃から短時間でも集中して問題に取り組む時間を作ることは非常に重要です。

3つ目としては、準備運動のようなものです。授業でこれから頭を使わないといけないのであれば、運動と同じようにウォーミングアップがあったほうがいいことはわかってもらえると思います。集中した時間を持ってから授業を始める方が授業の進行をより実りのあるものにできると考えています。

4つ目の小さな成功の積み重ねに関しては、【4】【考える塾・草津】やる気の仕組み「小さな成功の積み重ね」で後ほど改めてご説明させてもらいます。

 

【2】【塾長の独り言】なぜ計算トライアルが重要なのか?

計算トライアルの重要性はすごくシンプルです。

「脳の筋トレです。」

もう少しわかりやすくご説明します。

一流のサッカー選手はサッカーの練習だけをしているわけではありません。

サッカーのために必要な「体」を鍛えます。そして、肉体的な強化があるからこそ、サッカーでのパフォーマンスを最大化できるようになります。

運動部でスポーツをしていた方なら経験があるのではないでしょうか?

冬の間の肉体強化を経て、春から実力が一気に伸びたという経験ありませんか?

勉強も同じことです。

科目の勉強に時間をかけることはもちろん大切ですが、それよりも重要なことは勉強の処理を最大化してくれる脳自体の処理速度をあげることです。

脳の処理速度が上がれば、余裕が生まれます。

今まで以上に余裕が生まれれば、計算ミスや誤字脱字、条件の見落としなどのケアレスミスの可能性が下がります。

単純な四則演算をどれだけ早くできるようになっても正直加点はあまり望めませんが、余裕を作ることができればケアレスミスによる減点を減らすことができます。

そのための施策として、短時間で大量にこなすことのできる単純な四則演算を行う計算トライアルは非常に効果的です。

それでは、塾生全員が成果を実感している計算トライアルの結果をご覧ください。

 

【3】塾生全員が成果を実感!!計算トライアルの結果!!

本日は小学生・中学生・高校生の塾生の成果を一部ご紹介させてもらいます。

今回は2桁+2桁の暗算の足し算を1ヶ月間行ってもらった時の成績の推移になります。

能力の個人差はありますが、重要なことは本人にとってのベストがどれだけ更新されているかどうかです。

それではご覧ください。

①塾生Aさん(小学生)

Aさんの場合、入塾当初暗算をする時の方法論が明らかに時間のかかるものでした。

時間のかかる方法論でどれだけ訓練しても、伸び率が頭打ちになることは明白です。

ですので、まずは方法を適切なものに矯正したのちに1か月間全18回の計算トライアルを実施してもらった結果、最大で初回の3.35倍の処理を行うことができるようになりました。

ちょっとした修正と1回たった5分の訓練を18回行うだけでパフォーマンスは劇的に改善されます。

実施回数18回
最小回答数14問
最大回答数47問
伸び率3. 35

 

 

②塾生Bくん(中学生)

Bくんの当初の成績は標準的なものでしたが、たった9回の施策で1.95倍まで回答数を伸ばすことができています。

ある程度結果が出ていても、短期間でこれだけの伸びが実現します。最近では回答数が200問を超えています。

そろそろ十分かなって感じはしますね。

実施回数9回
最小回答数86問
最大回答数168問
伸び率1.95

 

③塾生Cくん(高校生)

16回の実施で81問から最大148問こちらも1.82倍かなりの伸び率ですね。

実施回数16回
最小回答数81問
最大回答数148問
伸び率1.82

 

④まとめ

見ていただいたのは塾生の一部の結果ですが、毎回継続して取り組めば、誰でも計算の処理能力を改善することができます。

この結果が学校の成績の向上に直結していることを証明することはなかなか厳しいですが、いい影響を与えていることは間違いないと思います。

 

【4】【考える塾・草津】やる気の仕組み「小さな成功の積み重ね」

どれだけ有名な塾に通おうが、どれだけ優秀な先生に教えてもらおうが、最終的に成績が伸びるかは勉強をする本人の意識の問題になってきます。

つまり、どれだけモチベーションを高く保って勉強に取り組めるかを考えていかなくてはいけません。

そのためには必要なことは何と言っても「勉強の成果が出ているという実感」です。

しかし、学校の定期テストは年に5、6回しかありません。

勉強したからといって成績が伸びるわけではありませんし、年に5、6回しか成果を実感する機会がないのはモチベーション的な視点から言うと少ないのではないかなと思います。

それに対して、計算トライアルは日々の学習の中で少しづつ成果を実感できます。

そして、1ヶ月後にその結果を見返してどれだけ伸びたかを実感できます。

【3】塾生全員が成果を実感!!計算トライアルの結果!! (今まで勉強での成功経験のない当事者だと思ってもう一度計算トライアルの結果を見返してみてください。)

「こんなにできるようになったんだ!」と嬉しく感じませんか?

実際、計算トライアルを経験したのほとんどが最高記録が伸びるたび、

「みてみて!!最高記録!!」と嬉しそうに伝えてきます。

大切なことはこのような小さな成功を積み重ねて成果を実感することです。

たかが計算問題ですが、使い方次第で結果に大きな影響を与える要素になります。

計算問題は家庭でも簡単に取り組めるモチベーション対策なので、是非家庭学習に取り入れてみてください。

 

【5】草津で個別指導が受け放題の「考える塾・草津」より無料体験授業のお知らせ

「考える塾・草津」では、講師1人に対して最大でも生徒3人での個別指導を行なっております。

授業では、科目の指導はもちろんですが、それよりも重要な「考え方や勉強方法」により重きを置いての指導を行なっています。

  • 勉強の仕方がわからない
  • 勉強してもすぐに忘れてしまう
  • 効率のいい勉強を教えてください
  • やる気が出ないんですけど、どうすればいいですか?

そんなお悩みをお持ちの方はぜひ「考える塾・草津」にご相談ください。

随時、無料体験授業・学習カウンセリングを行なっております。

お気軽にお問い合わせください!

【6】まとめ

「考える塾・草津」で実施している「計算トライアル」はいかがだったでしょうか?

勉強も含め、モチベーションのコントロールの仕方も意外とシンプルです。

今まで散々悩んだやる気のコントロールもちょっとした工夫で解決できることはあります。

是非皆さんも試してみてください!

受け放題プラン登場!!

90分個別指導が定額で受け放題!!

今すぐチェック!!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧